Ka2 Design

北海道の炭鉱街で町おこしなどをしながらフリーデザイナーとなってしまったおバカなカニのお話。

【5日目・上】カニのドイツ旅行記~ソロなドイツの日曜日~

f:id:okrkn222:20181113170931j:plain

どこ見てんの

どもどもーーっ!

最近喋るお仕事が続いて自分のトーク力の無さとチキンハートにうんざりしているカニですv

なんとドイツに行ってたの8月なのに気付けばもう11月…。もう雪降るぜ。記憶もほとんど無いぜ。日本って忙しいですね…(違

 

ということで、すべてのドイツの記憶が失われる前にブログを少しでも書き進めようと思います。

 

▼ドイツ旅行スタート▼

ka2design.hateblo.jp

 

▼前回▼

ka2design.hateblo.jp

 

閉店法バンザイ~日本も真似しようぜ~

 ↑

これは前日の夜にスーパーでお買い物した食料の写真です。

というのも、ドイツには「閉店法」という素晴らしい法律があるんです!!!

 

そう…日曜日はお店は基本お休みっ!!

素晴らしい…日本もコレは絶対に導入すべきだと思うんです。

 

しかしガソリンスタンドとかキオスクとか博物館とか、一部は日曜日も営業しても良いらしく、全てが全てというわけではありません。でもイオン的な大きなショッピングモールですら日曜日は休むんですよ!!!

 

つまりみんな、日曜日は暇。笑

 

…行くとこないし、博物館でも行くか~

公園でピクニックでもするか~

 

……っていう余裕を生み出すという点で非常に素晴らしいですよね!!!

じゃぁショッピングはいつしてるんだって疑問もありますけど、それも残業しないで5時に退社すれば平日にできますもんね。

 

 

という理由で

この日は私も行く所が全然ありません笑

 

ていうか公共交通の本数もガッツリ減る&時間通りに来ないらしいので、怖くて遠出もできません。

 

ていうかそもそもソロ行動初日なんですけど

疲れすぎて全然外出したくない……!!!笑

 

そんな気持ちを持ちながらも、せっかくドイツに居るのにどこにも行かず家で寝ているわけにはいかない…と疲れた体に鞭打ってベッドから這い出ましたとさ…。

 

GHHの本拠地へ乗り込む

f:id:okrkn222:20181113172302j:plain

この日曜日にやっているところ……といくつか検索しましたが、その中でも近くて私でもたどり着けそうだと思ったのが

LVR-Industriemuseum
Peter-Behrens-Bau

(州立鉱業博物館のペーター・ベーレンスビル)(らしい)google翻訳

 

 

airbのホストさんに行きたい場所を伝えると

「う~ん?そんなところに博物館なんてあったっけ?笑」

と悩まれながらバス乗り場を教えてくれました。

 ↑

宿泊先の最寄りのバス停。

 

そしてバスを降りるとそこには…

 あったよ!!!

GHHのエンブレム!!!!!

 

…とそもそもGHHって何かと言いますと

f:id:okrkn222:20181113173505j:plain

コレ!!!

f:id:okrkn222:20181113173557j:plain

赤平のこの↑立坑やぐらは、ドイツのGHH社(という会社)と三菱が技術提携?というのかな?をして作った物なのです!!!

言わば赤平の立坑やぐらの生みの親のようなもの…ということで、赤平フリークとしては当然見るとテンションの上がる代物なわけです。

 

頭の中から一瞬で博物館のことは消え失せ(おい)、私は当然このエンブレムのある倉庫へまっしぐらです。

 

f:id:okrkn222:20181113174250j:plain

なんか倉庫なんでしょうかね?

f:id:okrkn222:20181113174321j:plain

窓がもうカッコイイ…

f:id:okrkn222:20181113174158j:plain

敷地にはベンツのボロボロの車があったりして、何工場なのかはよく分かりませんでしたけどGHHの空気を吸えてよかったです(?)

 

さて、工場の周りをぐるっと回ってようやく目的の博物館へ向かいます。

 

 

博物館はめっちゃでかくて、裏にはなにやらたくさんブツが置いてあります。

f:id:okrkn222:20181113174645j:plain

こいつは製鉄関係の何かな気がするような…違うような……?

なんか看板もあったのですが、ドイツ語なので全くわかりませんでした笑

 

ということで、入場。

f:id:okrkn222:20181113174817j:plain

 

……が!!!!!

 

受付の人がまっっったく英語が通じない……!!!

なんてこった…

 

私は単に「博物館に入りたい!チケットが買いたい!」って(中学英語で)言っていたのですが、受付のおばちゃんは何やら説明を繰り返します。が、当然私にはわかりません。

最終的に

「OK!!はうまっち!!!!」

と言ってお金を払いました。どういうこっちゃ。

 

お金を払って待機していると案内のおじちゃんが登場。彼は少しだけ英語が分かり、「Japanese?」とか聞いてくれました。おじちゃんに連れられて行ったのはでかいエレベーター。

それで最上階へ登ると、ワンフロアの展示場が現れました。(写真撮るの忘れた)

 

その奥には、オーバーハウゼンの今と昔の写真、炭鉱の写真が並んでいました。

 

 

しかしあの説明は何だったんだ?そしてこんなでかい建物なのに展示はこのフロアーだけ??と疑問は尽きませんが、おじちゃんはどこかへ去り、私はフロアをウロウロします。

 

そして衝撃の発見。

 

 

この辺でようやく気付きました。どうやらこのフロアー、ちょっとだけの歴史の紹介と、あとは建築の展示?となっているっぽいんです。で、置いてあったのは「ベータ―・ベーレンス」という建築家の展示だったのですが、この建築家が作ったのがまぎれもなくこの建物。

そしてここはGHHの倉庫だったんです……!!!

 

f:id:okrkn222:20181113175819j:plain

 

当時の名残として壁の一部がそのままにしてありました。

まじか…嬉しい……。

 

 

その後出口が分からずウロウロするも、別のお客さんが案内のおじちゃんに話しかけて再びエレベーターで降りて行ってるのを目撃し、同じ手法で博物館を脱出しました。

 

いやいや~、なかなか良い体験をできました。

 

立坑を見に再びオルガパークへ

 GHHの本拠地を後にした私は、駅に向かい……気づきました。あれっ、オルガパークがすぐそばじゃん。

 

※ちなみにオルガパークは2日目に行った場所です

【2日目後半】カニのドイツ旅行記~恐怖の高所の連続(炭鉱巡り)~ - Ka2 Design

 

この時は立坑のそばまで行くことができなかったので、すぐそばにあるし立坑の写真でも撮りに行こう~♪

ということでテクテク歩いていき、途中で公園のベンチで昨日のうちに買っておいたパンをかじり、写真を撮りました。

 

…が、立坑以外には本当にここは何もありませんでした笑

 

ということで一瞬で用事が済んでしまった私は次にどこに行こうか考えます。

しかしすでに昼過ぎですし、やっているのはそもそも大きな博物館だけ。遠くまで行くのは電車無くなったら帰れないから怖い……となると、行けそうなのはエッセン付近。

 

う~~~~~ん。

 

 

 

しつこく世界遺産に行きました笑。

 

 

が、例によって長くなるので続きはまた次回~。

お楽しみにv

 

▼次回▼

ka2design.hateblo.jp