Ka2 Design

北海道の炭鉱街で町おこしなどをしながらフリーデザイナーとなってしまったおバカなカニのお話。

【2日目後半】カニのドイツ旅行記~恐怖の高所の連続(炭鉱巡り)~

f:id:okrkn222:20180912171158j:plain

前回のブログで訪れた炭鉱

Halloーーーーっ!!

ドイツに行って帰ってきて北海道が寒くなって行ってきた頃のドイツと同じくらいになってまいりました!!皆様お元気でしょうか。先日の地震は大丈夫だったでしょうか。

地震対策も色々思うところがあったのですが、また別の機会に)

 

ということで、前回ズリ山登山をして疲労困憊

【2日目前半】カニのドイツ旅行記~恐怖の高所の連続(炭鉱巡り)~ - Ka2 Design

ではございますが、続きでございます!

 

▼ちなみになぜドイツに行ったかというと▼

カニ、ドイツへ行くよ!グリュックアウフ! - Ka2 Design

 

旅の指さし会話帳miniドイツ(ドイツ語)

旅の指さし会話帳miniドイツ(ドイツ語)

 

 

オルガパークをチラ見

f:id:okrkn222:20180912171818j:plain

カフェで一休みしてから訪れたのはこちら、オルガパークです。

名前の通り公園になっていて散歩したりサイクリングしたりする人が見られるのどかな公園です。

もう記憶がおぼろげでコイツが何だったのか正確に思い出せないのが悔しいんですが…こちらのサイト

OLGA Park

を見るに、コークス工場だった……感じです。たぶん。あれっ製鉄所だっけな?

その工場跡の端だけを残してモニュメントにし、スケール感を感じられるようになっていました。こういう「どこを残してどこを壊すか」を厳選しているのがドイツだな~って感じしましたね。

しかし気になったのが(ドイツ中がそうなんですが)、隙間があればストリートアート…というか落書きです。

f:id:okrkn222:20180912172331j:plain

 ついでに

f:id:okrkn222:20180912172552j:plain

こいつは閉鎖された柵の向こうだったので近づいてみることはできなかったんですが、遊具だったもの?が放置ingされていたりして、ちょっと廃墟好きの心をくすぐられました。

しかし暇さえあればドイツの若者は落書きしてるんじゃないだろうか…

f:id:okrkn222:20180912173046j:plain

その後移動中に見かけた落書きの嵐

落書きを見るたびに「あれっ、ここ治安は大丈夫なのかしら!?」とビビっていた私ですが、そのうち慣れました。なんせそこら中にあるので。

ということで、オルガパークはチラっと見て次へ移動です

また高いところに登るよ!ガソメーター

f:id:okrkn222:20180912173310j:plain

スケール感の伝わらない写真

前回の記事でも書きましたが、わたくし高所恐怖症です。

しかしなんとガイド理事長、テトラエーダーに引き続きこのガスタンクも登るっていうんです。マジか……と思いましたが、これならエレベーターだし、安全に見晴らしの良い場所に行けそうなのでなんとかなるかもしれない!と思いいざ挑戦。

f:id:okrkn222:20180912175014j:plain

これ登るのかぁ…

f:id:okrkn222:20180912173720j:plain

内部

ちなみに「ガソメーター」とは要はガスタンクです。炭鉱とのつながりは…えーと……あぁ聞くたびにメモしておけば良かった…!!
おぼろげな記憶とこちらのサイトを参考にすると、製鉄所で出るガスをコークス工場で使うために貯めておくためのタンクだったみたいです。

現在はものすごーーーく大きな美術館…というかギャラリーになっていて、世界的に有名なアーティストなどが長い期間を使って展示を行っています。私たちが行った時は山に関する展示でした。

f:id:okrkn222:20180912173611j:plain

巨大な円形と高さを生かした面白い展示でした

このフロアからエレベーターに乗って頂上へ行きます。

f:id:okrkn222:20180912180044j:plain

高いです。うぅ。

 赤平の立坑を作った会社、GHH(ゲーハーハー)の元社屋を教えて貰ったので撮っておきました。けどそれどころじゃなく怖いです。風も強いです。なぜドイツ人は産業遺産と言えば高いところに登らせようとするのか。

▲ガソメーターを降りる所。。。(手振れ注意)

こうしてガクブルしながら景色を眺め、無事に地上へ戻りました。アート好きで高いところ好きな方はアクセスも良いのでぜひ行ってみてください。あぁ怖かった。

 大興奮!!!!高いの怖いのを忘れる素敵さの製鉄所跡

f:id:okrkn222:20180912180950j:plain

次に訪れたのがこちら

ラントシャフトシュパーク・デュイスブルク=ノルド!!!

 場所はだいたいこちら。

実は私ドイツに行ったら「入れる廃墟」で有名なフェルクリンゲンの製鉄所に行きたくて、なんならハッティンゲンの製鉄所も行きたかったんですが(炭鉱じゃねーじゃん!)残念ながら時間がなくて叶いませんでした。

しかし!!!!!!

そんな私でももうここに住んでもいい…と思うほど大満足だったのがこのラントシャフトシュパーク!!!!

ていうかついさっきまで「らんどしゃふとぱーく」だと思ってたら違った…。カタカナ難しい。

この公園のすごいところは、製鉄所の跡を丸ごと「使っている」ところです…!!

みてくださいよこれ!!!!!

f:id:okrkn222:20180912181850j:plain

溶けた鉄が流れてくる場所

f:id:okrkn222:20180912181852j:plain

溶けた鉄を出したり止めたりする装置

入れるんです!!!!無料で!!!!!!!!!!

安全面は自己責任!!!!!!

こういうところ大好きです。ドイツすごいよ。

「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」と言いながら写真を撮るアジア女子の私はさぞかし不審だったと思います。

f:id:okrkn222:20180912182214j:plain

パイプ萌え

しかし問題は、やっぱりこれも登るんです。怖い。でも登るほどどんどん違う景色が見えてきてさらに興奮します。でも怖い。

f:id:okrkn222:20180912182358j:plain

本当にそのまま残っています

f:id:okrkn222:20180912182546j:plain

 

f:id:okrkn222:20180912182630j:plain

製鉄では空気を制御するのも重要なポイント

f:id:okrkn222:20180912183747j:plain

 高くて怖くて死にそうですが、めっちゃテンション上がったポイントがここ、シーブ(滑車)があるところです!!!!!

f:id:okrkn222:20180912183635j:plain

炭鉱好き・立坑やぐら好きなら必ず萌える、それがシーブ…!!!どうして製鉄所のてっぺんにコレがついているのかと言いますと

f:id:okrkn222:20180912184120j:plain

てっぺんを見上げた写真

超分かりづらい写真なんですが、スキップというカゴみたいなものを巻き上げて上から燃料(コークス)を投入してたからなんですね~!!はぁ…かっこいい……。

f:id:okrkn222:20180912184341j:plain

ちなみになぜかてっぺん付近にはいくつか鍵がかかってました。なんかそういえば「恋人の聖地~」とかではよくこうやってカップルで鍵かけるようなところがありますが、そんなノリでしょうか。こんなとこに鍵かけるために来なくても……。

しかし鍵以上にちょっと頭がおかしい光景があったのですが…

f:id:okrkn222:20180912184719j:plain

えっ、人登ってない!?

なんか登ってない!?!?!?!?

私のような人間(高所恐怖症)にはまったく理解できないのですが、高いところには登りたい人がいるようです…。ちなみにこの謎は後ほど地上に降りてから判明します。

こんな感じでビビりながらも登ってまた地上に戻り、公園内をぐるっと回ります。

f:id:okrkn222:20180912185228j:plain

確かここで学んだんですが、世の中には「インダストリアルネイチャー」という言葉があるそうです。カタカナで書くと微妙にダサいですが、日本語にすると「産業的自然」。人工物(産業遺産)によって元の様子から変わった自然が人工物と同化・回帰していく様子…みたいなニュアンスだったと思うんですが、常々わたしが

「鉄骨とコンクリート(人工物)と植物のコラボが好き!!!」

と言っていたのをなんかかっこよく言い換えられるようになったのでめっちゃ嬉しいです。ドイツではメジャーな考え方のようで、この公園でもすごくその雰囲気を感じます。もう本当に好き。

f:id:okrkn222:20180913115617j:plain

で、回っていきますと…こんなところが。

f:id:okrkn222:20180913115807j:plain

分かりづらいんですけど、ボルダリング?クライミング?のための施設みたいになってます!!!!

先ほどめっちゃ高いところを登っていた方々もこの延長だったのでしょう。どうやらここは、こういうスポーツをする方々によって活用されているようで、日本では思いもしない使い方だな…と驚きました。

f:id:okrkn222:20180913145035j:plain

写真が恐ろしく斜めってますが…

f:id:okrkn222:20180913145534j:plain

パイプかっこいい

もう一つ、この公園内の製鉄所跡で面白い使われ方してるな~と思ったのがコレですかね。なんと劇場になっているそうです。雰囲気ありすぎる。素敵。

f:id:okrkn222:20180913145828j:plain

ということでたっぷり歩き回り、へとへとになりましたのでここで晩ご飯となりました。ビアガーデンも公園内にはあったのですが、昨晩もビアガーテンだったので公園内のレストランのテラス席で食べることにしました。

f:id:okrkn222:20180913150236j:plain

他の二人は「ズッペ」。ドイツ語でスープだそうです。なんか響きが面白かったので覚えちゃいました。ズッペ。で、私はシチューです。同じお値段だったのにボリュームがすごい。やってしまった。

ちなみにドイツでは10€を超えるとボリューム危険信号だそうです。基本的に盛りがすごいので、一人で10€以上の物を頼むと食べきれない可能性があります。金額で予想するボリューム。しかしこの情報はその後めちゃくちゃ役立ちました。

f:id:okrkn222:20180913150546j:plain

また面白かったのが、このビールグラスの線。なんと泡がこれより多かったら返品交換OKなんだとか!!さすがビールの国です。

ということでまたおなか一杯食べて、疲れてくたくたで交通機関で寝そうになりながらなんとかホテルへ帰還しました。

その夜

 めちゃくちゃ歩いたな~~!!!笑

 

こうして登ったり降りたりの炭鉱巡り1日目が終了しました。こう思い返すと結構忘れて行っています…早く書かないとドイツのことどんどん忘れて行ってしまう予感なので、暇を見つけてはちょこちょこ書きます!

 

次回は

 立坑をたくさん見て、また立坑に登って(また高いところだよ!!!)、個人的にものすごーーーーい素敵だと思った州立の博物館へ行ったりします。

お楽しみに!

 

カニでしたv

 

▼次回▼

ka2design.hateblo.jp