Ka2 Design

北海道の炭鉱街で町おこしなどをしながらフリーデザイナーとなってしまったおバカなカニのお話。

【ひとりごつ】#あの時のRSR で約10年を振り返った話(前編)

どもども、普段はインドア派、たまにアウトドアが発病する謎のフリーデザイナー、カニですv[゚ ゚]V

 

仕事にも炭鉱にもまーーーったく関係ないのですが

私の趣味の1つに「夏フェス」があります。しかもRSRだけ。他のフェスは行ったことありません。

Rising Sun Rock Festival in EZO!!!

これだけ!!!!

 

rsr.wess.co.jp

 

今年も始まってますRSR。今年はテントサイトの配置も大幅に変わり、駐車場もテント当たった人だけの抽選となり、さらに入場券も抽選になり、さらにさらに金額まで上がったんだからきっとチケット取れるだろ~♪

 

…と思ってたら意外と倍率高いまま…。

何事なの…

まだアーティストも分からないのに…

みんなRSR中毒なの…(人のこと言えない)

 

 

…と、そんなことを思いつつ今年もヘブンズにテントを確保したカニなのですが、こんなものを発見しました!

 

 

あの時の…RSR……。

今年はRSRも20回目という節目の年なのですね。そんな歴史のうち約半分には自分が行っているなんて驚きです。そして夏はほとんどコレに賭けてるなんておかしな話です。しかしタグを眺めていたらもう懐かしくて懐かしくて、毎年この時が大好きすぎて、うわ~~~~!!

…ってなったので、せっかくなのでこの10年をまとめようと思います。

初参加(2007年)

私の記憶では大した装備も持たずにバスで行って泊まらずに帰って二日目もバスで行きました。知り合いのお兄ちゃんのテントにお邪魔して、レジャーサイトで頑張った記憶があります。

 当時は私は大学2年。

 成人式の前撮りとかしてた頃で、ピチピチでした。(?)

この時私は初めてロックのライブに行って、モッシュに揉まれて、何かに目覚めたようです。

当時mixiという懐かしいSNSをやっていて笑、その日記を見返すとアーティストレポがあったのでそこから引っ張ると

1日目

2日目

に行ってたみたいですけど、そりゃRSR好きになるわ…ってラインナップでした。本当にこの時に行けたことに感謝です。

 

2008年

 

ダメだ、アーティスト引っ張ってたら恐ろしい長さになるので割愛…。

でもこの年はミスチル椎名林檎が来ていて、初めて銀杏のライブに行った年だったようです。

大学3年の2008年は設営時に雨で、何も雨天対策をしていなかった私のバッグが運搬係りに雨の下に放置されてべしょべしょになって、着替えが無くなってイライラしたのを覚えています。笑

けど、この時初めてちゃんと準備をしての参戦だったのでこの雨の経験が今後の装備にかなり影響しています。まさに雨降って地固まりました。

f:id:okrkn222:20180312142725j:plain

この年GETした旗は当時はこうやって飾ってました。未だに持ってますよん。

2009年 

f:id:okrkn222:20180312142643j:plain

 この2年間は前入りして列並んでたようです。若いな。

2009年のこの年は2007年の時ぶりに10-FEETに行き惚れ込んでます。あとモッシュの怖さも知ったようです。

そしてなんと!ホルモン見に行ったのにホルモンが来なかった年だったようだ…てことは妹をもみくちゃにしたのは10-FEETのやったメガラバかスウィート糞メリケンか何かだったんかな笑

この時見たミドリが最初で最後の生ミドリだったような気がする。

2010年(沼フェス)

 この年は無事に大学を卒業して社会人1年目。

f:id:okrkn222:20180312144326j:plain

(卒業旅行という名目で姉とタイ貧乏旅行したりしてました)

 

 

RSRにはその時付き合ってた彼氏と妹と妹の友達と、超少数で行きました。結果、彼氏(初参戦)が思いのほかアウトドア慣れしてなくてガッカリしてました。今思うと初RSRなんだからもっと優しくしておけば良かった…。

ていうか彼氏どうのより会場が沼すぎました笑

せっかく並んでテントサイトの場所を確保したのにいざ行ってみるとテント立てるべき場所が湖で、係りの人に「こっちに移動してください」と言われて移動…。並んだ意味…!!

スニーカーがグチャグチャになりすぎてサンダルも諦めて裸足で歩いていた記憶が…。本当に泥遊び状態でした。でもこの年があったから翌年からのRSR会場はかなり水はけを気にするようになっていたと思います。

でも前の年のホルモンの悲しみを発散できたことと、聖飢魔Ⅱを見れたこと、そしてEZOISTでTERUさんを見れたことが大収穫でした。

2011年

この時は本当に仕事がクソで(あらお下品)休みもないし有給もないし超大変で心が荒んでいる状態で行った時でした。

このツイートをした時は忘れていたのですが、後から確認すると1日目だけ休みをとって行けたようで、疲れすぎて1発目の髭に行ってサンステで熟睡していたようです…

 

f:id:okrkn222:20180312142208j:plain

f:id:okrkn222:20180312142213j:plain

(それでもゲート前こんなとこまで並んでたようだ)

 

怒髪天ピロウズだけ見て1日目が終わり、帰宅して仕事行って終わってまた会場に行ってチラッと見てまた翌日仕事のために帰宅。

そのために通し券を買っている私。

ほとんど列並びと設営のために行ったようなもんでした。笑

それでも行けてよかった、このために日々仕事頑張ってるんだって思えました。

 

しかしこの頃からですかね。

毎年仕事があってRSRにガッツリ参戦できなくなり、疲れが抜けないまま会場に行くので全然楽しめずに帰ってくるようになってしまったのは。ろくにステージ行かないまま終わるようになってきたのは。

そして割と自我を失うほど昔は飲んでいたのに車の都合や仕事の都合で全然思いっきりビールを楽しめなくなってきたのは。

 

社会人って辛いなぁ…。

と思っていたこの頃でした。

 

さて、長くなるので後半に続く。

 

ka2design.hateblo.jp