Ka2 Design

北海道の炭鉱街で町おこしなどをしながらフリーデザイナーとなってしまったおバカなカニのお話。

【1日目その3】カニのドイツ旅行記~空港を出て古城を目指す~

f:id:okrkn222:20180831143358j:plain

ぐーてんたーーーーく!!!

2週間近いドイツステイから日本に帰り、逆カルチャーショックのようになっているカニですv

なんで日本には駅に泣き叫ぶ子どももいないし犬も自転車も居ないんだ…変だろ……

 

…などという色々な想いは今後少しずつコラムにするとして…

前回までのお話です!

 

▼ドイツに行った理由▼

カニ、ドイツへ行くよ!グリュックアウフ! - Ka2 Design

 

▼前回▼

【1日目その2】カニのドイツ旅行記~北海道から成田まで~ - Ka2 Design

 

ということでついにドイツに到着したところからのお話です~!

 

思ったよりコンパクト!デュッセルドルフ空港

f:id:okrkn222:20180831144814j:plain

荷物が出てくるのを待つ仲間たち

デュッセルドルフ空港に着きました!今回の私の旅行の目的はルール地方の炭鉱遺産なのでデュッセル着にしましたが、有名観光地のフランクフルトやミュンヘンではまた違うのかもしれませんが

意外とみんな無防備。

……あれっ、なんかめっちゃ防犯に気を付けていたのに、普通にリュックやトートバッグの人いるやん。もちろん普通の斜め掛けのハンドバッグやボストンバッグを持っている人も…。

その後ドイツにいる間ずっと周囲を観察してましたが、リュック率はほぼ日本と一緒!!

 私は防犯リュック+トラベルポーチ(↓のようなもの)

 という装備だったのですが、逆に旅行者感丸出しだったと思います。

しかも私は普段はエスニックの服を好んで着るのですが、「変に目立ったら困る…ヨーロッパだしな…」と思って今回は選択しなかったのですが、同じ飛行機内はタイパンツ多数。やっぱり長時間飛行機乗るならタイパンツ楽ですよね……ははっ…。

 

そんで最初キャリーが出てくる場所が分からず違うレーンの前にいたのですが、近くの人が係員さんに「エティハド*****(何語か不明)???」と言っているのを耳に挟み、こっそりその人の後ろをついていって無事に荷物が出てくるところにたどり着きました。あー助かった。

 

そしてついに空港に出ます。

 長~~~~~いフライトを終えて、無事にデュッセルドルフ空港に着きました。着いてまずしたことは、キャリーを開けて荷物を取り出し、トイレで顔を洗って歯を磨くことです!!!丸一日洗ってないのよ!!!!

ちなみに空港らしく別に誰も気にしてませんでしたし、他にもそいういう人いました。

 

そしてギリギリまでやっていた仕事の続きをするべく、電源の使えるカフェを探しますが見つからず…しかしそんなに空港自体は広くなく感じました。どっちかっていうと成田の方が迷路。笑

 

f:id:okrkn222:20180831154105j:plain

途中でゾウのような謎のキリンに出会ったり…

f:id:okrkn222:20180831154133j:plain

エレベーターの仕組みが分からず1階に行きたかったのに地下1階まで行ってしまったりもしました。(地上1階が0階なんですね)

 

で、結局は到着フロアーにあったマックでコーヒーを頼んで3時間ほど居座りました。笑

ちなみにデュッセルドルフ空港はなんとWifiが(確か)6時間ほど無料で使えます!

 電源は使えないものと思って電池を消費しながらPCを使っていましたが、スッと近くに座ったおねーちゃんがテーブルの下になにやら線をぶっ挿してスマホを使い始めたのを見てびっくり。よ~~~くテーブルの裏を見ると何やら電源っぽい場所がありました。

(挿し方分からなくて使わなかったけどね!笑)

 

ドイツは喫煙に大らかだった

f:id:okrkn222:20180831150312j:plain

私は喫煙者なのでひとまず空港でも喫煙ルームを探しました。アブダビ(アラブ)にあるくらいだからあるだろ…と隅から隅まで探すも見つからず。マップを見るも書いておらず。もう1週し始めた時に、外の柵に「喫煙禁止」マークを発見します。タバコに斜線引いてあるやつ。それを見て「あれっもしかして外?」と思い外に出ると…

 

そこら中に喫煙スペース!!!!!

 

褒められたもんじゃありませんけど、空港に沿うように伸びる歩道上がほぼ全部!!上の写真のように、灰皿を囲むように喫煙スペースが地面にマーキングされているのですが、これがものすご~~~~いたくさんあります。

なんだ最初から外出りゃ良かったわよ。

男性でも女性でも若者でも年寄りでも関係なく、結構みんな吸っています。

 

その後ドイツに1週間前後いましたが、私のいた観光地ではないところでは結構歩きタバコも多く、そこらじゅうに吸い殻が落ちていました。駅のホームはたいてい喫煙可で、空港と同じく喫煙スペースがホームのど真ん中にありみんなその辺で吸って(たまにスペースからはみ出して)いました。

ただどうやら

屋内では喫煙禁止

という決まりがあるらしく、レストランやカフェでも屋外のテラス席は喫煙が基本的に可能。席には普通に灰皿が置いてあって文句を言う人がいる気配もありません。
ただ、北海道よりもうちょっと北に位置するドイツです。雪がたくさん積もるということはないみたいですが、冬は当然寒いですよね…。それでも外に行って吸うらしいんですけど。すごいな喫煙者の根性は。(私は寒かったら行かない笑)

 

時間があったので、古城に行こうと思い立ちました

f:id:okrkn222:20180831151536j:plain

さて、この日わたしは現地時間の朝の7時くらい?に空港に着いたわけですが、他の同行者たちが到着するのは夕方の16時頃です。(いいなー、直行便に乗れる財力いいなー)

で、長~~い待ち時間をどうするか…どこか行くか…と調べていると、出てきました

Kaiserpfalz-Kaiserswerth e.V.

 カイザープファルツ城(って読むと思う)!!!

なんか空港のすぐ裏だし、最悪歩いて行ってもなんとかなりそう!ということでここに行くことにしました。

が、もちろん10kgのキャリーを引っ張って行くのはただの苦行です。あらかじめネットで調べていた荷物を預けられる場所を探しました。

f:id:okrkn222:20180831152813j:plain

外に出るとこんな看板があります。ドイツ語の方は読めませんが「Baggage storage」というのが預けられるクローク的なものらしいです。矢印に従って向かいます。

 

矢印の通り進むと、たどり着いたのはこの辺!なんか横断歩道とか渡るしこの建物ホテルの名前(たしかシェラトンか何か)って書いてあったので「本当にこっち!?!?」と思いながら進みましたが

 

ありました。

このマークは…バッグですよね。

f:id:okrkn222:20180831152816j:plain

入ると「これ本当に?」って思うようなまるで両替所やチケット売り場のようなカウンターにおじちゃんが一人。しかし中学英語で「ここBaggage Strage?」と聞くと「そうだよ~!」というリアクションでした。(たぶん)

私は読んでもわかんねーやと思って読みませんでしたけど、料金表です。

f:id:okrkn222:20180831153608j:plain

おじちゃんに受付の紙をもらって、キャリーを預けて、「キャッシュオンリー!」と言われたのでたぶん現金だけなのだろうと理解し(後払いっぽかったです)、無事に荷物を預けました!

 

ということでやっと古城に向けて出発…

しますが…

長くなってきたので今日はここまでv

 

カニでした。

 

▼次回▼

ka2design.hateblo.jp