読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ka2 Design

北海道の炭鉱街で町おこしなどをしながらフリーデザイナーとなってしまったおバカなカニのお話。

【町おこしのコト】自分の好きなものけなされて腹が立つ現象をなんとかしたい


f:id:okrkn222:20161218235739j:image

 

どもどもー、物事に変なこだわりがあって面倒くさいと言われるデザイナーのカニですー。

特に嫌いなものに関しては聞く耳持たずだからめっちゃ面倒くさいようです。

 

それは置いておいて。

 

 

タイトルの件なんですけどね。

皆さんの周りにもいません?そういう人。いますよね?

 

 

私「わたしGLAYが小さい頃から好きでさー、とくに」

友「GLAYねwww演奏下手だよねwwwあと、うんぬんかんぬん」

 

 

悪質。怒

こういう人はマジで神経疑うし、友達やってたこと後悔します。笑

私が好きだと言ってるのになぜ、その好きなものを面と向かってdisれるのかしら!?!?

それが事実だろうと感想だろうとどうでもいいわ。

それ聞いて私がどう思うかとかこの人考えてねーの!?って思いますわよね。

 

まぁそういうのはフェードアウトすればいいだけなんですけど、悲しいのはコチラ。

 

 

 

 

 

相手が好きなの知らなくてdisっちゃったパターン!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

これは、発覚した時にまぁ気まずい。

両者共に気まずいですね。

 

あ・・・言っちゃった、やっべー。。。

 

って空気がもういたたまれない。

 

 

 

 

 

 

しかしなんとこの町に移住してからというもの、この状況がめっちゃ起こるんです!!!!!!

 

あら不思議!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

そう、町の人たちは夢にも思ってないんです。

 

 

私が「この町を好き」だなんて。

 

 

 

 

 

確かに謙虚さが言葉になった結果、この町disになった可能性もありますが

大抵の人はそうじゃないんです。

 

本気でこの町が好きじゃないんです。

 

あーでもない、こーでもないと私に全力でこの町の悪口を言ってきます。いえ、恐らく本人にしてみたら小さな愚痴なんでしょう。

で、他所から仕事で来た子に「可哀想にねぇ」と本気で思っている。

いえ、優しいんです。

可哀想がってくれてるんですもん。

 

 

 

 

だけどね!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

私は、私の好きなものを堂々とけなされると

嫌な気分になるわけですよーーーーーーー!!!!!!

 

 

なるでしょ普通。

なるなる。

 

 

 

だから、私は腹が立って思わず

「私は好きですよ!この町!!」

と受けて立ってしまってます。

 

この対応が良いのか悪いのかは不明。

 

 

 

 

 

 

でもさぁ、どうしてこうなっちゃうんだろ。

 

……と、その原因は明らかですよね。

 

 

 

 

 

そうやって、育ったから。

 

 

 

 

 

 

 

たぶん大人がみーんなそう言ってたんじゃないでしょうかね。

主幹産業がエネルギー革命の中で廃れていき

人口の増加に頼りきりだった商業も廃れていき

日々減っていく友達

日々減っていく同僚

減っていく建物

減っていく活気

 

それを呆然と眺めながらきっと子どもに言い聞かせたんじゃないでしょうか

 

 

 

この町はダメだ

終わりだ

未来はない

良いところは無い

暗い町だ

出て行った方がいい

 

 

 

 

 

 

そんな大人に囲まれて

子どもはどうやったらこの町を好きになれたんでしょう。

 

 

 

 

 

 

だから、もうやめてほしい。

この町をdisるの!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

特に、子どもの前で!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

今後少しもしかしたら学校関係と繋がりを持てるかもしれないんですが

もう子どもにめっちゃ言いたい。

 

 

 

 

 

 

この町はめっちゃ良いところ!!!!!!

希望しかない!!!!!!!!!

それに気付かないなんて勿体ない!!!!!!!

 

 

 

 

そうやって育ったら

いつかきっと何か変わるはず。

 

 

 

 

なんてとりとめもなく考える日曜の夜。