Ka2 Design

北海道の炭鉱街で町おこしなどをしながらフリーデザイナーとなってしまったおバカなカニのお話。

【町おこしのコト(かも)】クラウドファンディングは乞食なのか

ぼくらがクラウドファンディングを使う理由 12プロジェクトの舞台裏

 

どうも、金は無いし時間もないフリーランスのデザイナのかにです。

 

やだなー、もう、金のことばっかりぃ~☆

 

 

 

 

ホントは今すごい仕事詰まっててブログ書いてる場合じゃないんですけど(じゃぁ書くなよ)、今日はズドンと来ることがあったので書かざるを得ない。今日を逃したらいつ書くんだ。

 

てことでタイトルになるわけですよ。

 

楽して稼ぎたいナマケモノのかに。

私がクラウドファンディングを知ったのはもう何年前だかは忘れましたが、「クラウドファンディング」なのか「クラウドファンディング」なんだか区別のつかない、その言葉を聞いたことがあるかもな~くらいの頃でした。

たまたま受けたWEB系のセミナーのテーマになっていて、聞いた私は思いました。

 

ナニソレ!!!!!!!!!

楽してお金手に入るとか超天国!!!!!!

黙ってたらお金もらえるとかありえない!!!!!!!!!!

 

そうして私は何か大金が必要になったらクラウドファンディングをしようと心に決めたのでした(笑)

なんせ私、働くのが嫌いなナマケモノなもんですから。

 

ちなみにその時は商品開発系のプロジェクトが多かったような気がしています。投資しないとその商品は永遠にリリースされないかもしれない。その商品を世に送り出したい!と思ったら個人でも投資できる素敵なシステムだと思ったんです。

…ま、楽してお金欲しいって発想はクズですけど。

 

楽したい。でもズルは許せない。

もともと性格がねじれ過ぎて真っ直ぐになったぐらい捻じ曲がってまして。正しくないことが嫌いなんですよね。その理由は、正しくないことがまかり通る世の中だと、正しくない人によって自分が搾取される可能性があるから。だから間違っている人はこの世から消えて欲しいと思ってました。…いや、今も割りと。

私も極力正しく生きるから、生きとし生けるもの全てが正しく生きる努力をしてほしいと思ってます。そうしたら私はきっと人のせいで損したりしないで済むはずなんです。

 

で、そんな性格なもんだから、ここ最近私の周囲でもクラウドファンディングの話題を聞くようになって最近のプロジェクトを見て驚きました。

 

 

 

それって

個人の利益のためじゃねーーーー!?!?!?!?!!?!?!?!

 

 

ってプロジェクトが結構あるんですよね。

 

えっ。

 

ってなりますよね笑

 

だって黙ってたら人から自分が好きなことに使えるお金もらえるんですよ。なにそれ。

 

なにそれ!!!!!!!!!!!!

ずるいでしょ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

自分がやりたいことは、汗水流して働いて、その金でやるもんだろ!?頑張って頑張って達成するもんでしょ!?それか本気なんだったら何人もに頭下げて、金貸してくれって地面に頭こすりつけてお借りしてくるもんでしょ!!!!!?????

 

違うのか!!!!!!!!!!!!!!!

 

…って、もう何で怒ってるの私(笑)。

だいたい自分も同じこと思ってたくせにさ。

でもそう思うのも事実なんです。

 

だってお金くださいって知らない人からもらうのなんて

 

まるっきり「乞食」と一緒じゃないの。

(言い方は悪いです。すいません。)

 

でも、私の信用している数名にも同じ意見を持っている人がいて。なんだかもやもやした気持ちをずっと持っていました。

そんなある日、突然私がプロジェクトを担当してクラウドファンディングに挑戦することになってしまったんです。

運命は不思議だね(笑)

 

クラウドファンディングは乞食じゃない!…と言いたいけど。

 

どこの業者を使ったか、どんな書類が必要か、色々ありますけど面倒だから省略するとして、スタートするのにまぁ少しはバタバタしました。通常やっている仕事も多少手を止めてやらなきゃいけないこともありました。

(まぁフリーランスだからいつどこで仕事しててもいいんだけどさ)

 

当然色んな方にお願いしたり迷惑かけたり、そうしているうちにだんだん思いはじめたんです。

 

「結構頑張ってるけど、これって結局…乞食…?」と。

 

面と向かって「そういう金の集め方イヤ」と言われたこともあります。結構傷つきます。でも自分もうっすらそう思ってるから反論できなくて…でも自分がやってることを否定されるのも悔しくて…もやもやしてましたね。

…うそです時々もやもやしてましたけど、ほとんど忙しくしてました笑。

 

だから、乞食と違う点を頑張って考えてみましたよ。

 

その結果、この一点だけしか思いつきませんでした。

 

 

自分がご飯を食べるためじゃない

 

 

当てはまらないプロジェクトもあるけど、少なくとも自分の団体は違う。確かに広義では団体の利益になるけれど、その利益を配分するわけでもないし、何より町づくりとか公共の利益になる。ってかなんだったら国の宝ぐらいになる。…と私は思ってます。

 

人のため。

町のため。

文化のため。

 

…とか言って、結局わたしは仲間に喜んでほしいとか、皆の負担を減らしたいとか、そんな理由だから大した立派なもんじゃないんですけどね。

…あれ、結局私は私のためにお金集めてるじゃん。

 

うーーーーん。

 

しかも、誰のためかって私の主観じゃわからないしなぁ。。。

うぅん。

 

まぁいいか。乞食でも。

で、結論それかよ(笑)

 

でもねー、人のために何かしたいと思って、人に寄付をお願いするのが乞食にカテゴライズされちゃうなら…

 

 

 

いいじゃねーか!!!!!!!!!!!笑

 

 

 

好きなことのために、乞食になる!上等!!!!!

…って最初っから思えなかった自分の器の小ささに泣けます。でも、誰がなんと思おうと、好きなものは好き!って言えなかったんですよね。結局私はいつも、人からどう思われてるのかばっかり気にしていて。やだやだー。

 

実際クラウドファンディングって、結構人脈が大事だったんですよね。たくさんの人に(しかも直メとかで)寄付を呼びかけないといけないんです。並な神経じゃできません笑。

 

だって「私の好きなことをするためにお金ください☆」って友達とかに言うんですよ!?

友達に…

金くれって…友達に……

 

ツライ。

 

そりゃ、皆も頑張ってるんだし!と思って私もかな~~~~~り控えめなメッセージはあちこちに送りましたけど…。それでもかな~~~~~り控えめです。

 

そう思うと、ドラマとかで見かける「子どもの進学のために親戚中回って頭下げてお金を借りてきた」とかってシチュエーションってどんだけツライんでしょう。

想像しただけでも胃が…ぐふっ。

 

 

でも、それを言っても信頼関係が壊れない相手がたくさん居るか居ないかっていうのがクラウドファンディングの鍵になるかもしれないですね。

 

要は…

 

人望。

 

 

 

…ないなぁ…私……。

 

 

私の団体の場合は、人望がありまくるというかもうあり過ぎる人がたくさん居たものだから本日目標を達成することができました。本当にもう、ありがたい。

人を動かすことができる人、すごい。

 

 

 

私はどうも借りを作ったらめんどくさいとか、タダより高いものはないとか、最近じゃそんなことばっかり思ってるモンですから

人の懐にどーーんと飛び込める人って尊敬します。

 

 

 

話はそれましたがとにかく、目標が達成できた喜びと共に

この産業遺産を守りたい、やり遂げるためなら自己犠牲もいとわない!と思っていたはずの自分の意思の弱さを発見しちょっぴりガッカリしましたとさ。やるためなら、乞食だって何だってやれよ自分。

 

いやいや、人生これから!

 

 

 

 

てか

 

クラウドファンディング、乞食と違うと思うし!!!!!!!!

 

寄付だし募金だし!!!!!!!!!!!

 

投資だし!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

…あれ、何かもう本当に内容のないブログだなおい笑。

 

そんなわけで、明日も次の作業にむけてキリキリ働きますか。

おやすみなさーい♪