カニのあかびらいふ

北海道赤平市で町おこしなどをしながらフリーデザイナーとなってしまったおバカなカニのお話。

ミャンマーに無知なカニ、準備せぬまま出発を迎える

ミャンマーis何

f:id:okrkn222:20190214221559j:plain

どもどもー!炭鉱のない旅行先にはあまり興味の持てないカニですv

ちなみに今回は確定申告の時期と重なってヤバイです。

 

前回のブログ

ka2design.hateblo.jp

の後から、実は何もしないまま気が付けば明日ミャンマーに出発です。

ヤバイです。

大丈夫か。

 

しかしたぶんパスポートとチケットさえあれば何とかなると思うんだ。

たぶん。

 

とは言え、行きたい場所は結構調べました

f:id:okrkn222:20190303134554j:plain

今回ミャンマーの中でも私が行く地域は「ヤンゴン」。旧首都らしいです。

ミャンマーの中でもかなり栄えている都市のようですが、ミャンマーの中でも私が行きたい!と思ったのは

バガン

f:id:okrkn222:20190214221620j:plain

インディージョーンズに出てきそう~~~~!!!!

遺跡もりもり~~~~~!!!!!

…っと思ったのに、なんだか調べてみるとヤンゴンからは飛行機で行く距離のようです。しかし既に宿は3泊ともヤンゴンにとってしまっています。

そのうえ私たちが行くのは「暑季」。日帰りで早朝に行って夜に帰るプランにしたところで、日中は40度ちかい気温の中何もない遺跡をウロウロしてたら死ぬかもしれません。

くそっ…次ミャンマー行くなら絶対バガンだ……!!

 

ということで、基本はヤンゴン内で観光をすることになりそうです。

もちろん有名な金ピカお寺…「シュエダゴン・パゴダ」には絶対行くかと思いますが、それ以外どこに行くかはレポートをお楽しみにv

 

ところで、ミャンマーのお金って??

f:id:okrkn222:20190303140130j:plain

ところで出発を明日に控えたカニですが、何も考えてませんでしたが

日本円しか持ってません。(当たり前)

ドイツは元々ユーロなのが分かってたのですんなり成田で両替したのですが、ミャンマーの通貨って何なんでしょう。笑

 

…ということで調べました!

 

するとなんと驚き。

ミャンマーでは現地通貨「チャット」と「米ドル」がどちらも使われているそうです!

どういうこと!

 

しかしチャットはミャンマー国内でしか両替できず、日本円→チャットはできないそう。なので何がなんでも日本円をドルにしてからミャンマー渡航したいところです。

しかもミャンマーに行ったことのある妹によるとドルはピン札しかダメらしい。なにそれ。

でも成田で乗り継ぎが1時間しかないんだよねーっ

間に合うかなーっっ

 

ちなみに2019年3月3日現在…1チャット=0.074円みたいです。

f:id:okrkn222:20190303141827j:plain

つまり…1,000チャットで74円。

屋台とかだと200~300円でご飯が食べれるらしく、物価は安そうです。そうなると気になるのが紙幣の単位。1チャット札とかだったら地獄の量の札を持ち歩くことになってしまうけど…

…行ってから考えよう。笑

 

ところでミャンマーってネット環境どんな感じ??

f:id:okrkn222:20180718113707j:plain

そういえば、ドイツに行った時はモバイルWifiを持って行ったのですが、ミャンマーはどうしましょう。っていうか出発明日だからどうにもならないんですけど。笑

 

ちなみにドイツの時は価格コムから入ったグローバルWifiが異様に安かったのでそれにしたのですが…

f:id:okrkn222:20180718120203p:plain

ドイツの時

ミャンマーも調べてみると…

f:id:okrkn222:20190303144150j:plain

2019年3月3日現在

うーん。微妙。

 

そこでやったことないけど空港でプリペイドのsimを借りる方法がないか検索してみるとおススメの安い携帯(?)会社で

「Telenor」というメーカーが出てきました。

www.telenor.com.mm

ただ、サイトを見ても何がなんだかよく分からない…(なぜなら英語だから)

f:id:okrkn222:20190303145052j:plain

2019年3月3日現在

Tourist SIM | Telenor Myanmar

 

……読めない笑

 

ちょっとここでタイムアウトです!

そろそろ出発します!

 

続きはまたあとで~~!!

(後でがありますように…)

 

 

 

日本は幸せに死ぬことはできないのか

私はとある元炭鉱まちに移住したカニですv

 

今日はとある勉強会に参加していました。

前職でまちおこしに関わっていたので、その関係のセミナー等はよく受けていたのですが、今回の勉強会でもこのグラフと出会ってしまいました。


f:id:okrkn222:20190228002741j:image

 

皆さんよく見るグラフかと思います。

日本の人口のピークは過ぎ、この先は人口が減る一方。なんとかしないと今まで経験したことのない大変な未来がやってきます!

高齢化社会になり、労働人口が減って大変なことになります。

地方都市は消滅して、空き地や空き家が問題になります。

日本は閑散となって、経済規模が縮小して、福祉サービスも行き届かなくなります。

 

もはやアルマゲドン!!

 

これまで何度もこのグラフを見る度に、こうして数字を目の当たりにすることでたくさんの人が危機感を持ってこの状況に取り組むようになったらいいな!と思っていました。

 

 

しかしなぜか今日、ふと思いました。

 

 

なんで日本は消滅してはいけないの?

……と。

 

私たち人間はせいぜい80年程度しか生きられないので、それぞれ80年分くらいのリアルタイムしか持っていないわけですが、確かにその中で考えると

 

「この国は消滅しました」

 

って話は聞いたことがないように思います。

 

 

しかし世界の長い歴史から考えると、多くの国が興っては消滅してきたはずです。国として認識されていなくても、もしかしたら小さな国(文化圏)レベルでは生まれては消えてきて、今も地球のどこかでは消えつつある文化圏もあるはずです。

 

確かに人間は多様性を認めることで発展し繁栄を持続してきた生き物ですが、その過程の中で適応できなかった文化が淘汰されていくこともまた自然なのではないかと思います。

 

そうすると、日本という文化圏も消滅することはもしかするとまた自然なのかもしれません。

 

 

 

人には生まれ育った場所や触れてきた文化、人たちへの感謝や愛着が生まれては然るべきです。

人がこの国を維持したいと思う理由のひとつは、間違いなくこの郷土愛でしょう。

 

しかし、一方で「今(いままで)の生活を続けられないことへの恐怖」もまた、国を維持したいと考える理由のひとつかもしれません。

人は未知のものに恐怖を感じるものらしいのです。

 

見たことのない、経験したことのない、恐ろしい未来がやってくるから

それを防がなくてはならない。

 

私は今までそう思っていたように感じています。

 

 

 

そうすると疑問になってくるのが、その未来が本当に恐ろしいものなのか?ということです。

 

最近とても疑問に思っていることの1つが、人口が増え続けないと幸せで要られないという社会の構造です。

経済成長を続けなければ貧乏になってしまう、そうすると不幸せになってしまう。

なので、自国で大きな人口増が期待できなければ他国の人口を当てにします。とにかく消費してくれる人を増し続けないと不幸せになってしまいます。

 

でも、地球の人口って永遠に増え続けるんでしょうか?

人口増が止まったら戦争でもしてどこかが大ダメージを受けて、その戦争と復興でまた経済成長をする予定なんでしょうか?

 

人口が増えなくても、経済成長しなくても、みんなが幸せでいる方法って無いんでしょうか?

 

 

 

 

人は死ぬことが怖いです。

それが生き物の本能だからです。

 

同じように、たぶん人は今いる文化圏が無くなるのが怖いです。

昨日と同じ今日が続けられず、自分の子や孫がどんな未来を歩むのか見えない状況は、たぶんとっても怖いです。

 


f:id:okrkn222:20190228002741j:image

 

このグラフの山の右側、下り坂に日本は既に差し掛かっているそうです。

それじゃ、このグラフの先はどうなってるんでしょうか?

同じペースで下がっていって、日本は消滅するんでしょうか。

それとも、どこかで持ち直して横ばいになるのか、あるいは持ち直してまた登り坂になるのでしょうか。

 

それを決めるのはちょうど今に他ならず、今何か対策をするのかしないのかで違うよって言う話なのはわかってるんですが

 

今日ふと思ったのは

幸せな消滅って存在しえるのだろうか?という疑問でした。

 

例えば。

 

安楽死の話のようですが、右肩下がりでも、経済成長をしないで横ばいでも、私もあなたもあなたの家族も子孫も、今までと同じような生活を続けられる見通しがあったらどうでしょうか。

日本が消えるその日まで、みんな幸せそうに生活できるとしたらどうでしょうか。

私は、幸せに死ねるなら別に死んでも構わないと思っています。

 

 

人は何が満たされていたら幸せでしょう。

 

うまく言えないのですが、グラフをまた上向きにする努力も大事です。

でもなんとなく、私は幸せに消滅していく方法について考えることも、また1つのヒントになりそうな気がしているんです。

 

ハッピーエンドの「ハッピー」の成立する条件って、皆さんは何だと思いますか?

 

以上、酒飲みの駄文カニでした。

 

ミャンマーに無知なカニ、ミャンマーに行くことにする

f:id:okrkn222:20190214221559j:plain

ミャンマー国旗

こんにちはー!赤平の炭鉱系デザイナー、カニです。

今日は突然ですが

ミャンマーに旅行に行くことにした」

というブログです。

 

 

事の発端は「妹(金持ち)への貸し」

f:id:okrkn222:20190214221553j:plain

ビルマって書いてんで

私は去年ドイツへ旅行へ行ってまいりました。

 

ka2design.hateblo.jp

それから間を置かず海外旅行!

きゃー!

金持ちっぽーい!!

 

…と思われるかもしれませんが…

 

今回わたくし、完全にタダ乗りでございます。笑

 

というのも、ドイツへ行ったきっかけも一緒でした。

それは、不要になったMacbookを映像系の学校へ通う妹へ譲ったことでした。

 

そのお支払いの代わりに「どっか旅行でも行こー♪」という話をしていたのですが……なんか話をしていたらいつの間にか

ミャンマーに行くことになっていました。笑

 

いや、妹が行くって言うし、私も東南アジア行きたかったしいいんですけど……

…なぜミャンマー

 ていうかミャンマーisどこ???

 

ミャンマーの基本情報を調べてみました

f:id:okrkn222:20190214221558j:plain

ヤンゴンの街並み

ミャンマーミャンマー連邦共和国ミャンマーれんぽうきょうわこく、ビルマ語ပြည်ထောင်စု သမ္မတ မြန်မာနိုင်ငံတော်[2]英語Myanmar)、通称ミャンマー/ビルマは、東南アジアインドシナ半島西部に位置する共和制国家。独立した1948年から1989年までの国名はビルマ連邦ASEAN加盟国、通貨はチャット、人口は 5,142万人(2014年)[3]首都ネピドー2006年まではヤンゴン)。

南西はベンガル湾、南はアンダマン海に面する。南東はタイ、東はラオス、北東と北は中国、北西はインド、西はバングラデシュと国境を接する。インド東部とミャンマー南西部はベンガル湾をはさみ相対している。

ミャンマー - Wikipedia

 

分からないことは基本Wikipedia!!笑

なんとな~く、東南アジアだけど山の中にあるイメージだったのですが、海にも面してた……。そしてその後色々調べて思ったのが、インドと中国とアジア(タイとか?)を混ぜこぜにしたようなイメージ(私の中で)の国です。

 

当然赤道に近い国なので暑い国のようです。雨季・乾季は聞いたことあったんですけど、なんと私の行く3月は「暑季」らしいです。

最高気温は40度近くなり、現地の人は基本的に外出を控えるらしいです。笑

なにそれ怖い…。

……ていうか暑季って初めて聞いたよ…。

 

ミャンマーの見どころは?

f:id:okrkn222:20190214221551j:plain

パゴダ

恐らく皆さん旅行先を決める時「〇〇〇を見に行こう!」という感じで旅先を決められるのではないでしょうか。それが今回は

ミャンマーありき。

妹に行きたい理由を聞いても

「昔行ったから今どうなってるかと思って。」(妹は海外旅行よく行く人)

 

……仕方ないので、色々調べてみました。

 

 

▲本屋さんでコレしか売ってなかったんですが…2015年て!!情報古いよ!!!!発展途上国はすごいスピードで変わっていくから、早く改訂版出してよ!!!笑

 

調べた結果:パゴダ(仏塔)が有名

 

ということが分かりました。他は……また別のブログで書きます。笑

本当は炭鉱行きたいんだけどどこにあるのか分からないし日本語の記事も出てこないし…仏塔かぁ…そんな興味のある分野ではないけど行ってみたら変わるのかなぁ。

 

ミャンマーの歴史や文化は?

f:id:okrkn222:20190214221620j:plain

 ひとまず行く国の歴史は抑えなければなりません。ということでまたwikipediaを熟読です。笑

 ビルマ族の王国→色々あって英国領→色々あって軍事政権→色々あって民主化という感じでしょうか。(雑)

 

しみじみ思うけど…激動の歴史でした…。

民主化政権が誕生したのが2011年?12年?なので、民主化ほやほやなんですね。

 

そんなミャンマーですが、今はどんどん経済成長を進めているさなか。

www.nikkei.com

めでたいことに、2018年10月から1年間、ビザが免除になったそうです!!ビザって何なのかよく知らないけど、不要ならよかった!!

 

ひとまずミャンマーが何なのかは分かった気がする

f:id:okrkn222:20190214221559j:plain

ということで、ミャンマーの上っ面だけ調べました!

この情報を抑えた上で、今は持ち物や観光先を吟味しているところであります。それも忘れないようにブログにまとめていこうと思いますので、お楽しみに!

 

ドイツ語できない人のドイツ旅行ナビ~ドイツ語編~

f:id:okrkn222:20180718163846j:plain

どもどもー!

ドイツ語もできないけどそもそも英語もできないカニですv(・∀・*)

 

そんな私でもドイツに一人で行って、現地で職場の人とかと合流し、その後またひとりでも割ブラブラし、一人で帰ってこれました!

 

▼ドイツ旅行記はココから▼

ka2design.hateblo.jp

 

そんなカニのドイツ旅行で学んだことを、将来いつかまた行く時のため、そして行こうとしている誰かのちょびっと役に立つことを祈って書いて行こうと思います!

 

ドイツ語なんて無理です(諦め)

 

f:id:okrkn222:20181218141237j:plain

私は大学で第2言語はフランス語を取ってましたが、全くできるようにはなりませんでした。笑

 

ていうか皆さんそうですよね!?

そもそも英語すら微妙に分かりませんよね!!?

 

私もです(о´∀`о)

(勝手にみんなそうだと決めつける)

 

そんな人がねぇ

「ドイツ旅行いくからドイツ語勉強しよーっ♪」

って勉強したところで

まっっっっっっったくできるようになりませんから!!!!

しかも毎月ドイツに行くならまだしも、一生に数回、下手したら最初で最後のドイツですよ(ね?)!!

 

そんなんのために勉強したって

ムーダムーダ( ・∇・)

 

ということで

ドイツ語を喋れるようになるのは諦めて、喋れなくても乗り切れる方法を考えましょう!!笑

 

そもそも英語も通じるところが(一部)あるんですよ

f:id:okrkn222:20181120170336j:plain

行く前に「ドイツでは英語がほぼ通じない」という記事をどこかで見ていたため、めっちゃ準備をしていきました。

 

まず「指差し会話帳」

旅の指さし会話帳mini YUBISASHI×ハローキティ ドイツ(ドイツ語)

旅の指さし会話帳mini YUBISASHI×ハローキティ ドイツ(ドイツ語)

 

これを元同僚の方からいただいたのでサイズも小さめで荷物にならないし持って行きました。

……結果、電車に乗ってる間にちょっと読んだくらいで実際に使うことはありませんでした。

 

よく考えると私は炭鉱めぐりしに行ったので行く先は主に博物館など。特に世界遺産になっている炭鉱なんかはスタッフさんもレストランも全然英語が通じます。

他にも空港では英語が通じました。

電車に乗ろうとして乗り方が分からなくてその辺にいるお姉さんに英語で聞いたら英語で返ってきました。

レストランも中学英語レベルなら全然通じます。

ホテルのフロントも英語通じます。

なので「会話が必要な場面」が出てくる場所って結構英語(しかも結構適当)でなんとかなるんですよね!

 

ドイツ、結構英語通じるじゃん!

 

逆に英語の通じない場所は

ka2design.hateblo.jp

そういえば「フランス人はプライドが高くて英語が分かっても喋ろうとしない」って聞いたことありますけど、ドイツはそんな印象ありませんでしたね。

 

で、英語が通じなかったのは↑このブログにも書いている(ほぼ)観光客の来ないマイナーな博物館では英語がほぼ通じませんでした。

でも指差し会話帳では会話困難な内容だったのでなんか勢いで乗り切りました。

 

ちなみにこのアプリ

play.google.com

「ボイストラ」が良いと聞いていたのでインストールして行ったのですが、これもやっぱり使いませんでした。

なぜなら「通信環境が安定していることが求められる」からです。

Wifi持って行ったんですがたま~に調子悪くて充電されてなかったりとかして微妙に通信が不安定だったんですよね…。

 

あとドイツはバスがすごい乗り方も分かりやすいし本数も多いしどこにでも走ってるので使うととっても便利だったのですが、バスの運転手さんも通じないことが多いっぽい話をしていました。

(私の行ったルール地方は、かもしれませんが)

 

あとは一番困ったのは!

 

レストランのメニューがドイツ語!!!!

ウェイトレスさんとかは英語がちょびちょび通じますが、なんせメニューが読めない笑

 

なので「英語のメニューありますか?」って聞いたら私が行ったところでは「ないの~!」って言われちゃいました。

 

ということで私は

play.google.com

安定のGoogle翻訳さんです。

ブラウザで使うのもアリなんですが、アプリ入れてリアルタイム翻訳でメニューを読み解きました。

 

…ただイマイチ読み解ききれず…

このブログ↓で書いたのですが

ka2design.hateblo.jp

生肉食べましたけどね!

f:id:okrkn222:20181212121835j:plain


レストランの他に会話が必要になる場面はって他には買い物がありますよね。

レジの人はほぼ英語通じないかと思います。

が、実際レジで会話ってほぼ必要ないので真偽不明です。笑

 

スーパーマーケットやドラッグストアにぼちぼち行ってきたのですが、レジに出た金額を渡せばそれで終了なので特に会話しません。

しても「ハロー」と「ダンケシェーン」くらい。

レジの方は「〇〇ユーロ」と一応金額を教えてくれますが、当然聞き取れませんし笑。

 

あとドイツはどこもだいたいクレジットカードが使えて(JCB使えるところは私は無かったように思います)、不安なので現金をできるだけ取っておきたかった私はスーパーでも駅の券売機でもカードを使っていたのですが

クレジットカードを見せて「カード」と言えば通じます。(そりゃそうだ)

 

びっくりしたのはカードの読み取り機に自分でカードを通して暗証番号(PINと言うらしい)を入力することぐらいですかね。

カード多用する方はこのことは覚えておくと心の準備になります。

 

ということで、あまり心配せずに行きましょう

f:id:okrkn222:20180903020810j:plain

たかだか1週間程度行っただけなのであんまり当てにならない情報かもしれませんが、ドイツの人達は総じて親切な印象でした。

分からなければ教えてくれますし、困ってたら声をかけてきてくれます。

バスに乗るのにベビーカーのお母さんが居たら前後の人が手伝うのがマナーになってますし、エレベーターや電車に詰め詰めで乗ったりせず「次乗るからいいわ~」っていう感じです。

 

なのであんまり不安がることもなかったな~というのが私の行ってみた感想です。

 

もちろん前半は職場のNPOのボスと関係者の方と一緒に行ったので様子が分かったため後半ひとりでプラプラできたというのもありますが、治安もいいしご飯も美味しいしビールもおいしいし炭鉱もたくさんあるしとってもいい国でした。

 

ぜひぜひ行く方は楽しんできてくださいね!

 

ABOUT カニ

f:id:okrkn222:20190123165100j:plain

今さらですが、ここで自己紹介をまとめます

どうも、カニです。

ブログを書いていていつも

「私って何者なんだろう…?」

と疑問に思ってしまうのでここで少し自己紹介をまとめておいて、今後のブログの書き出しをもっとスムーズにしたいと考えました。

 

まず基本情報ですが

  • 名前:カニ(平仮名・カタカナにこだわり無し)
  • 性別:女
  • 年齢:1988年生まれ
  • 半分フリーデザイナー(印刷物)、半分フリーター(NPO職員)
  • 炭鉱が好きで北海道赤平市に移住
  • 元地域おこし協力隊(2014~2016年)

です。

本名は調べればすぐ出て来ちゃいます。笑

 

ちなみに「カニ」は昔から家族から呼ばれていたあだ名で、理由は不明です。なんでカニなのか私が教えてほしいです。

 

ブログ以外のカニ

f:id:okrkn222:20190123170552j:plain

私はSNSを使う上で文字数やら何やらの制限を受けず文章を書く場所が欲しくてブログを書いています。あとは備忘録。

ブログ以外の物でオープンにしているものは

 

その1.ホームページ

okrkn222.wixsite.com

何かのタイミングで必要になって突貫で(マジで数時間とかで)作ったものです笑

そのうちちゃんとしたの作ろう~♪…って思っているので検索にも引っかかりません(存在意義)。

 

このホームページは基本的に仕事の情報を掲載していて(それならこのトップ画はおかしいんですけど)、載せても問題ないお仕事の実績は載せています。

あと自分でもどうかと思うんですけど自分のスケジュールも公開しています。カニにアポとりたい人、どこにいるか知りたい人は参考にしてみてください。

(でも当然載せてないプライベートな予定とかもあるから会いに来る時は連絡してからがいいと思います!)

 

その2.Twitter

twitter.com

ブログの横にも流れているので読み放題なんですけど、くだらないことを日々つぶやいています。特に誰かにリアクションしてほしくて呟いているわけではなく、ほぼ独り言です…。

しかし今のところ一番よく利用しているSNSです。

 

その3.Instagram

instagram.com

最近ちゃんと使い始めました笑

そんなに写真が得意なわけではないんですけど、どうしても素敵な炭鉱の姿を人々に伝えたくて、入門機みたいな一眼レフを持っています。

そんな写真をちょびちょび掲載していこうと思っています。

(あくまで思ってるだけです)

 

他にもFacebookもやってますが、知っている方のみ友達させてもらってます。

 

その4.炭鉱ブログ

yamaonna.hateblo.jp

突然はじめました。笑

このブログ内で書いちゃうとゴチャゴチャになりそうなので、炭鉱の話は炭鉱で独立させることにしましたので、気になる方はこちらを見てみてください。

 

ブログは書くのに時間がかかりますね

f:id:okrkn222:20190123171448j:plain

好きなこと好きなように書いていいので基本的に私はブログ大好きです。自分の好きなように書いていいなら文章書くことが大好きなんです。

ただ、書きたいこと多すぎて

めっちゃ長くなる

めっちゃ時間かかる

んですよね。

 

それでも書きたいからたま~に書いていきます。

 

旅行の話や赤平での生活など、時間のある時にボチボチ書いていくので見かけた時はコッソリのぞいてみてもらえると嬉しいです。

タグ付けてるのでジャンル毎に見てもらえるといいかもしれません。

 

ただ、超めんどうくさがりであちこちのコメントを確認するのができないので…何かあればSNS経由でいただければと思います。

 

ではでは、これからもよろしくお願いしますv