Ka2 Design

北海道の炭鉱街で町おこしなどをしながらフリーデザイナーとなってしまったおバカなカニのお話。

【ひとりごつ】「死ぬまでにしたい○のこと」みたいなアレ、向き不向きがあるよねって話

なんか仕事が多岐に渡りすぎてデザイナーなのか何なのかよく分からないカニです。

お金くれれば割と何でもやりますよ、できることならね。

 

さて本文がほとんどタイトルまんまなのでそんな書くこともないんですが笑

カニももうすぐ三十路になるわけです。

 

女の人って30って色々変化する年みたいで、20代は色々無理して頑張ってたけど30になって楽になったとか肩の力が抜けたとか言う人がたまにいるんですけど、それかもしれません。

(30まではまだ時間あるんだけどさ)

 

 

 

少し前までは

いや、ほんの数週間前までくらい。

 

 

私は生きていくのが不安で死にそうでした。

 

 

結婚して子供産む予定だったのにもう時間がない、どうしよう。

 

定職にもまともに就けてない、来年には無職だ、就職なんて無い歳だ、でも貯金もない、きっと年金ももらえない、なんなら生活保護かも、行く末は孤独死だ、どうしよう。

 

やりたいこと全然やってない、海外行きたいけど行ってない、本州の産業遺産も全然見てない、見ないうちにどんどん変わっちゃうのに、どうしよう。

 

食べたいものもまだまだある、やりたいこともまだまだある、なのに色んな物がない、実現できないかもしれない、どうしよう。

 

 

 

どうしようどうしようどうしようどうしよう………。

 

 

 

 

 

 

 

……………って、コレねぇ。

やりたいことがいつの間にか「やらないといけないこと」になってるんですよね私は。

 

私も死ぬまでにアレやりたい、コレやりたいってたくさんありました。

まるっと言うと夢や希望というものが。

 

 

 

しかし現実が見えてきて、人生の先も見えてきて、叶いそうもないことに焦ってました。

 

 

だけどさぁー。

 

 

 

 

 

そもそもが

夢や希望を叶えるために努力するのは当然だけど、叶わなかったらどうしようって焦って不安になって死にそうってのは違うかも

 

と急に思いました。

 

 

 

 

 

私って臨機応変って苦手で。

決まったことは決まった通りに進まないと気がすまないというか、落ち着かないんですよね。

予定と違うことが起こるとプチパニック。

 

だからたぶん、

やりたいこと=やらないとならないこと

になってしまっていたから

こんなツラい気持ちになってたんでしょう。

 

 

 

 

 

そう、気づいたのさ!!!!!!

 

それらは別に、しがみついてやらないとならないことではなかった……!!!!!

 

 

 

 

 

結婚はしない

子供も産まない

仕事も無い

旅行も行かない

飯も食えない

なんなら果ては孤独死だ。

 

 

 

私の人生はそんなもん。なんで誰が困るんだろう?

なんなら本当に詰んだら人生なんてやめてしまえばいいだけだし。

 

 

 

 

 

そう思えば急に気分が楽になりました。

諦めたと言えば諦めてるけれど、ツラいまま生きていくのとどっちがいいんだろう。

 

 

あの「死ぬまでにしたい○のこと」は、ただの私のプレッシャーだったんですね。

それをポジティブにとらえてワクワクしながら生きていける人は素晴らしいと思うんですが、要は向き不向きってありますもんね。

 

私には向いてませんでした。

夢を叶えるのは義務じゃないって思ったらとっても楽で、同時に色んなものから興味がなくなりましまけれども。

幸せになるのも義務じゃないし。

 

 

それよりはのびのび生きて、ダメだったらやめてしまって、その方がいいなぁ。

 

 

 

 

 

あ、夢や希望のために努力するのは当然ですけどね!

 

 

 

 

 

大人って

みんな、そう思うのかなぁ。

 

でもきっと

夢が叶わなかったら人生おしまいだ、とは大人はきっと思ってないなら

こんな感じじゃないのかなぁ。

 

ヒトのことは分かりませんけどね。

 

 

 

さぁて。。。

 

おやすみなさい☆

 

 

【シゴトのコト】地域おこし協力隊お財布事情

f:id:okrkn222:20161010220301j:plain

ドライヤーが寿命を迎えそう…。風の出てくる口の部分?がカパカパして触るとすぐ取れちゃうんですよね。これってテープで止めたらだめなんすかね。熱くなるからダメかなぁ。

 

さて、小さい頃からずっと貧乏性のフリーデザイナー、かにです。

でも最近ちゃんとデザインの仕事してなくてもはや自分が何者なのか不明です笑。

 

さてさて、皆さま最近「地域おこし協力隊」って最近よく聞きません?え、聞きません?あそうですか。いやそんなことはどうだっていいんです。わからない方は目の前の箱で調べてみてくださいね。きっと総務省かjoinのホームページが分かりやすく…いや、若干分かりにくく?教えてくれますよ(笑)。

 

で、そんな流行もののお仕事なんですけれども、実際稼げるの?食べていけるの?って気になりますよね。えぇ、私は気になるんですよ。ていうかヒトのお財布の中身とか超気になるんですよ。下世話ですみませんねぇ。でも気になるものはしょうがない。

ということで、私と同様にきっと気になるヒトがいるはず!!

この記事もどこかに需要があるはず!!!

 

ということで書いてみようと思います。

…お財布事情を明かしちゃいけないっていう守秘義務は無かったはずだから、きっと大丈夫。

 

ぶっちゃけ、給料は16万6千円。

 

しょっぱなからぶっちゃけちゃったけれども、お給料はこの金額でした。…というのも、私は今年からフリーランスになったのでこれは自治体の嘱託職員として協力隊だった去年までのお話です。過去のお話ということです。なうじゃないです。なので参考までに。

で、つまり社会保険料関係をもろもろひかれて手取りは13万円くらいですかね。でも果たしてこの13万円という数字が何を意味するのか…アナタはまだ知らない……(何)

 

ちなみにこの金額は、総務省から自治体に出す地域おこし協力隊の人件費が年200万だからです。200万÷12ヶ月=16万6千円、ということですね。

 

この給料で生活する自分の前提条件

そういえば、この給料の話の前に自分の前提条件をお話する必要がありましたね。

 

  • 年齢:26歳(着任当初)
  • 性別:女(独身)
  • 任地:北海道の田舎(内陸の豪雪地帯)

 

それまでは実家暮らしで職場に通って生活していました。その頃は広告代理店で働いていて、総支給で14万円(手当てボーナス無し)。わーお!その頃と比べたら16万って給料増えてるじゃん☆

しかも、最初の頃は時間外も残業代も出ていたので前職よりも手取りは多いイメージです。

…ところがそれは実家で生活していたからこそ生活できていたんだなぁ~と最近ではしみじみ感じています。

 

しかし前職時代そんなお給料でも一応貯金はしてまして、一応2年働いて50万くらい貯めましたかね?辞めて旅行でぱーっと使っちゃったんですけど笑

それでも残ったお金があったので、引越し費用などは捻出できました。…嘘です足りませんでした笑。

 

引越しに当たってかかった経費の内訳を見てみましょう☆

 

  • 車 110万
  • ストーブ 7万
  • 家具家電 20万
  • 引越し業者 5万 

 

確かこんなもんだったような気がする。

上記の他にもストーブの設置工事とかNTTの工事とかこまごまと…。

 

それまで実家暮らしだったため家具にかなりお金がかかりました。また、北海道なのでストーブがバカにならなかった…というか、驚いたのが「ここが住むところです!」と自治体が用意してくれた家がこちら!

 

f:id:okrkn222:20161010222155j:plain

 

どーん!

 

…今はもうここには住んでないんですけど、一応プライバシーに配慮してドアの画像だけにしてみた。

 

最初見た時は「わぁ~超レトロ♪可愛い♪」と思ったのですが、その後の度重なるトラブル(※)にそんな最初の気持ちが消えて無くなりました笑。

 

※1.屋根の雪が落ちてドアが開かなくなる

※2.ドアの隙間から雪が入ってくる

※3.多くの種類の虫と同居(蜘蛛が孵化)

※4.ねずみが夜中になると何かをガリガリ齧る音がする etc.

 

で、この家は公営住宅だったため設備が何一つついていませんでした。今まで住んだことのあったアパートとかには最初からカーテンレールや電気がついていて、下手したらストーブもついていたのでそのつもりでいたのですが甘かった…。まさか何もついていないとは。

そんなこんなで、結構お金がかかっちゃったんですよね。

ただ、家賃は無料です。無料じゃなかったら暴れるレベル。

 

あとは、車。

自治体の担当者から「車がないと生活できません」と言われていたので、一念発起(?)して車を購入。もっと安いのにしとけば良かったんでしょうけど、以前乗っていた車がやっすいので購入した金額より維持費が上回ってしまったため(笑)今回はすぐ壊れないの!と新古車を買いました。

…後から思うと、ぶっちゃけ車…無くてもなんとかなったかも…。

いや、車乗るの好きだからいいんですけどね。。。ふふ。。。。

 

ということで、スタートラインがマイナス100万くらい!!笑

 

16万生活での月々の収支

 

まずはマイナス補填をしないといけないですよね。あとは光熱費系の支出。ざっとまとめると一ヶ月の決まった支出はたぶんこんな感じです。

 

  • 返済 3万円
  • 食費・消耗品費 3万円前後?
  • 携帯代 1万円
  • 電気代 3千円
  • 水道代 3千円
  • ガス代 5千円
  • 灯油代 3千円(10月~5月)
  • 生命保険 6千円
  • 自動車保険 5千円
  • ガソリン代 3千円
  • 新聞代 3千円
  • 自治体の配属先で徴収されていた「お茶会計」 1千円
  • 町内会費 500円

 

ということで、自由になるお金は月に3万前後ですかね?…大学の頃より少ないですけど(笑)それでもまぁなんとかやってました。

しかしここから、色々またお金がかかるんですよね。

 

1.

職員さんに「ペンとか付箋とかって…ありますか?」と聞いたら「いやぁ。。。あんまり無いんだよねぇ」と言われたので消耗品は自分で買いました。

(後から実は消耗品の予算があったと判明!自分の聞き方が悪かった…)

 

2. 

町おこしに関する書籍をたくさん自腹で購入。

(これも後から消耗品の予算で買えたことが判明!笑)

 

3.

町のお店相手の仕事だったために、あちこちに自腹で食べに行きました。

(取材費は多少はあったんだけど、お店の人と仲良くなりたくて…)

 

4.

自治体の職員となるので服装に規定があり「女性はスカートにブラウスじゃないとならない」と言われ慌ててユニク○やしまむ○で服を大量購入。それまでデザイナだったのでそういう服を持っておらず。。。焦った焦った。

 

でも、そんな私のお財布事情を察してくれている職員さんが、職場絡みの付き合いの飲み会はかなりおごってくれてました。ホントありがたかった…。

それでもプライベートで飲みに誘われることも非常に多く、いつもお金が無くて冷や冷やしてました笑。

 

ちなみに、翌年度から残業代が出なくなったために自宅に仕事を持ち帰るためパソコンを購入(16万円)。デザイン関係の仕事をしているためAdobe CCを契約(毎月3千円)。…と、出費は増える一方なんですがその前に初年度、大出費が訪れます。

 

収支がマイナスへ…笑

スタートは確か、喪服の購入でした。実家に居た時は1回しか使う機会もなく、そのうち買おう~と思って親の喪服を借りていたのですが…初年度の冬に突然喪服が必要になりました。慌てて青○に買いに行き、もちろんお金の無い私はカードで購入。確か全部で4万円くらいでした。

まぁ、絶対に必要なものだしいつかは買う必要があると思っていたので良かったんですよ。当然、こっちに来てからかなり大活躍です。ただ、タイミングが悪かったんです。

 

 

そう、冬が来た…!!!

 

まず灯油代がかかりようになりました。本当に家が寒くて寒くて死にそうだったんです。古い家だったので当然ですが、ストーブを焚いていてもいつも寒かったです。

で、その他に除雪道具を買いますよね。

剣先スコップ1本(硬い雪割り用)、スコップ(ジョンバと呼ばれるもの)2本、スノーダンプ1個。大量の隙間テープ。窓際に置いて冷気を止めるパネル(↓こういうの)。

 

冷気ストップ あったか発泡ボード スノー柄 BR 57cm×2.2m U-Q139

冷気ストップ あったか発泡ボード スノー柄 BR 57cm×2.2m U-Q139

 

 後は屋根から落ちてきた雪で窓が割れないための、窓につける金具とそこに通す板(↓こういうの)

 

f:id:okrkn222:20161010223511j:plain

 

そんなこんなで大出費。

さらに悲劇は続く!お正月実家に帰って、戻ってきてみると…

 

f:id:okrkn222:20161010223636j:plain

水道…凍結。

 

ちゃんと水を落とせてたと思ったら、お風呂場の蛇口に水が残っていたらしく蛇口が破損。すぐにホームセンターに買いに行って購入し交換。これもそんなに安くなかった…。

 

 

ということでほとんど全てをクレジットカード払いにしていた私は突如として支払い能力が無くなりました(笑)

で、うっかりしてしまったんですよリボ払い…。

 

ちなみに返しても返しても金額は減らず(というか月々に返せる金額も2万とか3万とか)、1年間は引越しの時にできた返済額+リボの支払いで毎月5~6万はあててました。

色々あって今年になってそのお金はキレイになくなりましたけどね☆

 

しかし予期せぬ出費ってあるもので

他にもスズメバチが軒先に巣を作ったり(退治に約1万円)

f:id:okrkn222:20161010223930j:plain

 

他にもこの年なので友人の結婚式があったり、自治体の配属先の旅行があったり、親戚づきあいで旅行があったり、自腹取材が多かったり…数えればきりがないほど臨時の出費がありました。結構月イチぐらいの勢いで。

 

しつこいですが、そんな私を哀れに思って周りの方(特にセンパイたち)にはかな~~~り配慮してもらってました。かなりご馳走になりました。ご近所さんもめっちゃおすそ分けくれてました。

 

そんなこんなで、臨時の出費は他の部分(主に食費)を切り詰めてなんとかかんとかやってこれました!

うん、総支給16万円は何かあったら大変だけど生活できないこともないっす!

ていうか、マイナスさえ無ければ割りと大丈夫!

 

貯金は厳しいかもしれないですけどね!

 

 体験した「やや貧乏」

 

別に自慢げに言うことじゃないんですが、電気・ガス・水道の支払いはきちんとできていました。家賃も自治体が負担してくれているので問題ありません。

だから私は「本当に死にそうなほど貧乏!」っていうのは体験していません。どうやら家賃かからない16万じゃそこまでならなさそうです。

 

ただ、本当に些細なところで

「あーあ、もうちょっとだけお金があればなぁ…」

と思うことは増えました。

 

冒頭に戻りますが、ドライヤーがパカパカしていても「まだ使える…本当にぶっ壊れたら買い変えよう」となります。たいていのモノがそうなりました。

食べ物も、いかに安いものを日持ちさせるかに専念するようになりました。

 

マック程度の外食ならしますが、イタリアンやフレンチのランチには行かなくなりました(物理的にフレンチとかが無いのもありますが笑)。

同年代の地元の友達と飲み会をすると、かかる金額が高くて辛く感じるようになりました。

 

朝は菓子パンを食べていたのを6枚で80円くらいの食パンに変えました。

 

カフェめぐりが趣味だったんですが、この仕事に就いてからはほとんどしていません。

 

好きなバンドのCDも買えてません。

 

少~しずつ、少~~しずつ、贅沢ができなくなった感じです。でもその分、どうやったらお金をかけないで生きていけるかを真剣に考えるようになった気もします。

 

 

本当だったら、朝はトーストと目玉焼き、ウインナー、サラダに、私の大好きな成分無調整で乳脂肪分が高い牛乳を飲んで、デザートにヨーグルトにシリアルを少し入れたのを食べながら落としたコーヒーを飲みながら新聞を読む…という理想があるんですが。

この理想ってそ~~んなに贅沢だとも思わないんですが。

でも、できないんですよね。

なんだったら最近は牛乳も安い低脂肪牛乳を飲んでたりしますよ。

 

こういう、ちょっとした贅沢ができなくなりました。

 

 

これが私の置かれていた状況での、月収16万での生活です。

 

 

 

もちろんきちんと貯金してからのこの給料の方や、私のように行き当たりばったり生活をしていない方はきっともっと余裕があるはずです。

私は結構、お財布にお金を入れておいたらいつの間にかなくなっているタイプの人間なので笑、あまり参考にはならないかもしれませんが。

 

 

ただひとつ言えることは

この状況で家賃がかかったら間違いなく何かしらの支払いができなくなる…!!!

 

 

なんと私のいる町の民間のアパートの家賃は…5万円前後。6万とか7万とかもあります。北海道の田舎でですよ!?!?信じられない…。

なんで家賃が高いのかは今回は置いておいて、とにかくそんなん払えるわけがありません。

 

私は今年度で協力隊の仕事は終わります。そうなると、来年からは自分で家賃も支払う必要がありますよね。この収支を見ると本当に不安…というか、無理かも?とすら思っています。

でも多分、まだ切り詰められる場所はあるんです!!!

まだまだ甘いぜ自分!!!!!

 

 

優雅な朝食はまだまだ食べられそうにありませんが、母上様、私はなんとかこの地で自分で稼いだお金でギリギリやっています…!!笑

 

 

ということで未来への不安を若干残しつつ。

このお財布事情が誰かの役に立つことを祈っています笑。

 

 

…まぁほとんど役に立たないでしょうけどね☆

 

以上、おやすみなさーい♪

 

【町おこしのコト(かも)】クラウドファンディングは乞食なのか

ぼくらがクラウドファンディングを使う理由 12プロジェクトの舞台裏

 

どうも、金は無いし時間もないフリーランスのデザイナのかにです。

 

やだなー、もう、金のことばっかりぃ~☆

 

 

 

 

ホントは今すごい仕事詰まっててブログ書いてる場合じゃないんですけど(じゃぁ書くなよ)、今日はズドンと来ることがあったので書かざるを得ない。今日を逃したらいつ書くんだ。

 

てことでタイトルになるわけですよ。

 

楽して稼ぎたいナマケモノのかに。

私がクラウドファンディングを知ったのはもう何年前だかは忘れましたが、「クラウドファンディング」なのか「クラウドファンディング」なんだか区別のつかない、その言葉を聞いたことがあるかもな~くらいの頃でした。

たまたま受けたWEB系のセミナーのテーマになっていて、聞いた私は思いました。

 

ナニソレ!!!!!!!!!

楽してお金手に入るとか超天国!!!!!!

黙ってたらお金もらえるとかありえない!!!!!!!!!!

 

そうして私は何か大金が必要になったらクラウドファンディングをしようと心に決めたのでした(笑)

なんせ私、働くのが嫌いなナマケモノなもんですから。

 

ちなみにその時は商品開発系のプロジェクトが多かったような気がしています。投資しないとその商品は永遠にリリースされないかもしれない。その商品を世に送り出したい!と思ったら個人でも投資できる素敵なシステムだと思ったんです。

…ま、楽してお金欲しいって発想はクズですけど。

 

楽したい。でもズルは許せない。

もともと性格がねじれ過ぎて真っ直ぐになったぐらい捻じ曲がってまして。正しくないことが嫌いなんですよね。その理由は、正しくないことがまかり通る世の中だと、正しくない人によって自分が搾取される可能性があるから。だから間違っている人はこの世から消えて欲しいと思ってました。…いや、今も割りと。

私も極力正しく生きるから、生きとし生けるもの全てが正しく生きる努力をしてほしいと思ってます。そうしたら私はきっと人のせいで損したりしないで済むはずなんです。

 

で、そんな性格なもんだから、ここ最近私の周囲でもクラウドファンディングの話題を聞くようになって最近のプロジェクトを見て驚きました。

 

 

 

それって

個人の利益のためじゃねーーーー!?!?!?!?!!?!?!?!

 

 

ってプロジェクトが結構あるんですよね。

 

えっ。

 

ってなりますよね笑

 

だって黙ってたら人から自分が好きなことに使えるお金もらえるんですよ。なにそれ。

 

なにそれ!!!!!!!!!!!!

ずるいでしょ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

自分がやりたいことは、汗水流して働いて、その金でやるもんだろ!?頑張って頑張って達成するもんでしょ!?それか本気なんだったら何人もに頭下げて、金貸してくれって地面に頭こすりつけてお借りしてくるもんでしょ!!!!!?????

 

違うのか!!!!!!!!!!!!!!!

 

…って、もう何で怒ってるの私(笑)。

だいたい自分も同じこと思ってたくせにさ。

でもそう思うのも事実なんです。

 

だってお金くださいって知らない人からもらうのなんて

 

まるっきり「乞食」と一緒じゃないの。

(言い方は悪いです。すいません。)

 

でも、私の信用している数名にも同じ意見を持っている人がいて。なんだかもやもやした気持ちをずっと持っていました。

そんなある日、突然私がプロジェクトを担当してクラウドファンディングに挑戦することになってしまったんです。

運命は不思議だね(笑)

 

クラウドファンディングは乞食じゃない!…と言いたいけど。

 

どこの業者を使ったか、どんな書類が必要か、色々ありますけど面倒だから省略するとして、スタートするのにまぁ少しはバタバタしました。通常やっている仕事も多少手を止めてやらなきゃいけないこともありました。

(まぁフリーランスだからいつどこで仕事しててもいいんだけどさ)

 

当然色んな方にお願いしたり迷惑かけたり、そうしているうちにだんだん思いはじめたんです。

 

「結構頑張ってるけど、これって結局…乞食…?」と。

 

面と向かって「そういう金の集め方イヤ」と言われたこともあります。結構傷つきます。でも自分もうっすらそう思ってるから反論できなくて…でも自分がやってることを否定されるのも悔しくて…もやもやしてましたね。

…うそです時々もやもやしてましたけど、ほとんど忙しくしてました笑。

 

だから、乞食と違う点を頑張って考えてみましたよ。

 

その結果、この一点だけしか思いつきませんでした。

 

 

自分がご飯を食べるためじゃない

 

 

当てはまらないプロジェクトもあるけど、少なくとも自分の団体は違う。確かに広義では団体の利益になるけれど、その利益を配分するわけでもないし、何より町づくりとか公共の利益になる。ってかなんだったら国の宝ぐらいになる。…と私は思ってます。

 

人のため。

町のため。

文化のため。

 

…とか言って、結局わたしは仲間に喜んでほしいとか、皆の負担を減らしたいとか、そんな理由だから大した立派なもんじゃないんですけどね。

…あれ、結局私は私のためにお金集めてるじゃん。

 

うーーーーん。

 

しかも、誰のためかって私の主観じゃわからないしなぁ。。。

うぅん。

 

まぁいいか。乞食でも。

で、結論それかよ(笑)

 

でもねー、人のために何かしたいと思って、人に寄付をお願いするのが乞食にカテゴライズされちゃうなら…

 

 

 

いいじゃねーか!!!!!!!!!!!笑

 

 

 

好きなことのために、乞食になる!上等!!!!!

…って最初っから思えなかった自分の器の小ささに泣けます。でも、誰がなんと思おうと、好きなものは好き!って言えなかったんですよね。結局私はいつも、人からどう思われてるのかばっかり気にしていて。やだやだー。

 

実際クラウドファンディングって、結構人脈が大事だったんですよね。たくさんの人に(しかも直メとかで)寄付を呼びかけないといけないんです。並な神経じゃできません笑。

 

だって「私の好きなことをするためにお金ください☆」って友達とかに言うんですよ!?

友達に…

金くれって…友達に……

 

ツライ。

 

そりゃ、皆も頑張ってるんだし!と思って私もかな~~~~~り控えめなメッセージはあちこちに送りましたけど…。それでもかな~~~~~り控えめです。

 

そう思うと、ドラマとかで見かける「子どもの進学のために親戚中回って頭下げてお金を借りてきた」とかってシチュエーションってどんだけツライんでしょう。

想像しただけでも胃が…ぐふっ。

 

 

でも、それを言っても信頼関係が壊れない相手がたくさん居るか居ないかっていうのがクラウドファンディングの鍵になるかもしれないですね。

 

要は…

 

人望。

 

 

 

…ないなぁ…私……。

 

 

私の団体の場合は、人望がありまくるというかもうあり過ぎる人がたくさん居たものだから本日目標を達成することができました。本当にもう、ありがたい。

人を動かすことができる人、すごい。

 

 

 

私はどうも借りを作ったらめんどくさいとか、タダより高いものはないとか、最近じゃそんなことばっかり思ってるモンですから

人の懐にどーーんと飛び込める人って尊敬します。

 

 

 

話はそれましたがとにかく、目標が達成できた喜びと共に

この産業遺産を守りたい、やり遂げるためなら自己犠牲もいとわない!と思っていたはずの自分の意思の弱さを発見しちょっぴりガッカリしましたとさ。やるためなら、乞食だって何だってやれよ自分。

 

いやいや、人生これから!

 

 

 

 

てか

 

クラウドファンディング、乞食と違うと思うし!!!!!!!!

 

寄付だし募金だし!!!!!!!!!!!

 

投資だし!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

…あれ、何かもう本当に内容のないブログだなおい笑。

 

そんなわけで、明日も次の作業にむけてキリキリ働きますか。

おやすみなさーい♪

 

 

【ひとりごつ】ヴィレッジヴァンガード恐い

ビジュアルとキャッチで魅せる POPの見本帳

 

ヴィレッジヴァンガードが嫌い、という意味じゃない

こんにちは、チキンなフリーデザイナーのカニです。

 

私雑貨とか大好きで、物心がついたときからヴィレヴァンにはお世話になっております。面白い雑貨が多いし、本についたPOPはどれも秀逸。店員さんの商品に対する愛を感じますよね。

それまであんなゴチャゴチャと雑貨の置かれたお店ってあまりなかったので、初めて出会った時は衝撃でした。なんて面白いんだーー!!!と。

 

でも恐いんです

 

 上記のものが私のだいたい恐いものです。お気づきだろうか・・・

 

 

そう、狭い!!

 

 

気がついたのは大学生の頃でした。論文を読んだり書いたりするのに大学の図書館というのはすごく便利なところで、私もよく通っていました。大学の図書館は学生証をピッとしないと入れない仕組みで(駅の自動改札みたいな感じ)、ひとたび出るとまた学生証をピッとしないといけないので非常に面倒です。

で、私の目当ての本はたいてい地下の書庫にあったわけですよ。地下はひ~んやりしていて、恐ろしいほど本の入った棚が並んでします。棚は電動で動くようになっていて、目的の本のある棚が棚同士に挟まっている場合はスイッチで操作して棚を移動させなきゃいけません。

まぁそんな感じでウィ~~ンと棚を移動させていると・・・

 

 

・・・だんだん汗が。心臓が苦しくなってきて、お腹がゴロゴロ・・・。

 

 

ゴロゴロ・・・

 

 

・・・ハライタ!!!!!

 

 

 

限界に達した私は大急ぎで階段を2階分駆け上がり、なぜか図書館の外にしかトイレがないためにわざわざ図書館を出て、トイレに駆け込みました。

で、戻るときに荷物が全部図書館の中だと気付くんですね。

…学生証も。

 

うわ~~~~~~笑。

 

 

仕方ないから友達見つけて入れてもらいました笑。

 

 

 

で、こんな経験が百発百中だったんですよ。最初はたまたまお腹痛くなっただけかな~と思ってたんですけど図書館行くと必ず!!腹痛が始まるんです。そりゃもう、学生証だって忘れないで持ってトイレ行くようになりましたよ。なんだったら、書庫に降りたら痛くなるの分かってるんで、最初に行く時は降りたらすぐ折り返してトイレですよ。めんどくさい怒。

 

でも不思議なことに、図書館の1階ではならないんです。必ずと言ってよいほど、地下の書庫。あの棚がずら~っと並んだ書庫です。まぁあそこひんやりしてるし、お腹冷えたのかな~と思ってました。

ただ、他にもあったんですよハライタポイント!!

 

 

 

思い返すと、高校生の頃によく行っていたドンキホーテ。あそこにいても、必ず動機息切れ腹痛がセットでやってきました。私は昔から人や店員さんの居る場所に行くと異常に緊張することがたまにあるので、そのせいかと思ってましたが…でも服屋さんでは冷や汗は出てくるけど腹痛はありません。

 

あとはやっぱり本屋、CD屋。でも条件によってはハライタになりません。そしてその条件を見事に満たしているのが…ヴィレッジヴァンガードだったんです…!!

好きなのに…

雑貨とか…面白グッズとか……

大好きなのに…

 

まぁ何かって言うと、分かったのが背の低い棚の場所は大丈夫なんですよね。目線より棚が低いとハライタになりにくいです。あと、通路が広いこと。正面と背後にギッシリものが並んだ棚が、しかも手を伸ばしたら届くぐらい狭い間隔で立っていると、非常~~~に恐いです。

 

 

そう、恐いんです!!!!

 

 

前まで、いや~汗は出るし苦しいし腹は痛くなるし不便だな

ぐらいの気持ちだったんですが、違ったんです!!それ、恐いってやつ!!!…たぶん。

 

で、同じ気持ちになるのがトイレなんですよね~

実家のトイレはやたらと長くて広めだったので気付かなかったんですが、引っ越して1人暮らしした家のトイレがやたらと狭くて気がつきました。恐くてドア閉めれない…笑。

1人の時はいいんですが、人が来ているとドア閉めないわけにいかないですからね…仕方なくドアを閉めてさっさと済ませ、高速でトイレ出てました。

 

原因もわからないし、場所や雰囲気によっては大丈夫なこともあるので本当に謎なんですが、これも閉所?恐怖症のひとつなんでしょうかね。閉所っていうか圧迫感というか…。

 

ただひとつ、強く主張したいのは

 

本屋もCD屋もドンキホーテ

もちろんヴィレッジヴァンガード

 

 

大好きなんだーーーー!!!!!!涙

 

 

 

 

だから恐いけど買い物行ってますけどね。時々外とか広いところにエスケープすれば大丈夫★あとはトイレの場所さえ押さえておけば大丈夫★

腹痛なんぞに負けないぜ・・・!!!

 

 

【ひとりごつ】鬱状態と鬱病は違うもの

こんにちは

いつでも憂鬱フリーデザイナーのかにです。

 

もうこの先の人生考えたら憂鬱で憂鬱で笑。

 

さて、タイトルの件ですが

鬱病と診断されてお薬を貰ってる方は今すぐ画面を閉じて美味しいもの食べたりとか温かいものでも飲んでアロマオイル焚きながらヒーリングミュージックをうっすらかけながら寝なさい。

アンタ病気なんだから、治すことに尽力しなさい。

画面見てたって治んねーんだから。

 

 

てことで、以下は元気な人が読んでくれる前提で書きますよ。

 

 

 

 

 

 

すぅぅぅ(息を吸う音)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鬱状態なんて

 

誰にでも

 

あるよねーーーーーー!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に特別なこと言ってません。

鬱状態は普通なことですよね。

 

 

人間なんてアガってる時もあれば、サガってるときもあるもんですよね。感情というものが備わっている限り。

だから、普通なことだと思ってます。

 

 

 

で、私は女に生まれてしまいましてお陰さまで(恐らく)ホルモン量によってこの気分というものが非常にアップダウンします。

まぁ、一月に1回様子のおかしい時期が3~4日あるわけです。

なんだか人によるみたいだし、きっちりした診断もついたことがないのであくまで自己診断なんですけどね。

 

 

でもって、気分だけならまだしも体調もかなーーーりおかしくなるんですよね。

最初に「あ、おかしい!」と気付くのが汗の量。いつもより汗っかきになりますし、寝汗が特にひどくなります。ほんと、目が覚めたらビッショリってくらいです。なんだったら汗すごすぎて夜中に寒くて目が覚めたりします。仕方なく着替えて寝たら、朝にはまたビッショリ。洗濯物増える……怒。

 

で、寝てなくても汗がザーーっと流れ出てくることがあるんですよね。仕事してたりテレビ見てたり、特に何をしてるわけじゃない時に突然の発汗!!(°Д°)

あと人と喋っていると100%滝汗です。

もう……ほんとこれは仕事してて不便ですね。

 

 

あとダル~くなったり、異様に眠くなったり、気持ち悪くなるぐらい食べちゃったり、生クリームを食べたくて死にそうになったり。

これも仕事に集中できなくなって困るんです。。。

 

そして最大級に困るのが動悸と目眩。突然胸が苦しくなって息があがり、目の前がぐーるぐーるとしだすんですよね。

こうなるともう仕事どころじゃないんでほんと困る……。

 

他にもあちこち内臓が痛くなったり頭とか腰とかもうどこもかしこも痛くなったり……。

 

 

 

とまぁ、仕事仕事いってますけど仕事に支障が無ければ別にいいんですけどあるから困ってまして。どうしたもんですかね~。でも死にそうとかってわけでもないし、風邪でもないですし、数日で落ち着くのが分かってるんで放置です。数日の我慢……!

 

 

 

ただ、気分が下がるのも数日の我慢。。。

なんですがコレが辛い。なんだか肉体的な辛さじゃなくて意味不明な辛さでこちらは説明が難しいんですよね。

 

ただひとつ思うのが、世の中に楽に死ぬ方法が無くて良かったなってことです。

私は別に死にたいわけじゃないんですけど、下がってる時は割と普通に人生を無かったことにしたいと思います。

 

自分が生まれてこなかったことにしたい、今まで起こったことを全て無かったことにしたい、今まで出会った全ての人の記憶から消えたい、そして自分の存在も最初から無かったことになってほしい。って感じです。

痛いわけでもなく、悲しいわけでもなく、当て付けで自殺したいわけでもなく、ただ最初のページまで戻せたら。。。といつも思います。

 

 

だからもし自分が下がってる時に目の前にそんな望みを叶えてくれる魔法の薬が現れたら、ひょいっと飲んじゃう気がするんですよね。

普通の状態ではまず思わないんですが……だって、何のために頑張ってきたのさ!とか今まで出会ってくれた人の気持ちも考えたまえ!とか普通なら思えるんですけど。

でも下がってる時はそれ以上に、今すぐ目の前に広がる人生から逃げたい気持ちが強くなりすぎるんですよね。

 

だから、私が下がってる時に何らかの奇跡が起こって自分が消えてしまわないことを祈るばかりです笑。

 

 

 

 

 

と書きますと若干危ない人感が出てきてしまいましたが、私が思うにこれぐらい普通のことですよね。

みんなたま~にふと全てから逃げ出したくなることってありますよね。憂鬱になって、あーあって思うことぐらい皆あると思うんですよ。

 

それっていわゆる鬱状態ってやつじゃないんですかね。

そんで、鬱病ではないんですよね。

 

鬱状態は病気じゃないですもんね。

 

 

 

結果として、自分は病院には行かない!と自分で判断いたしました。時間が解決してくれるものに出す金はない……!!笑

 

 

てことでたまーにウツウツとしてても心配しないでください。いつものことです。

ただそんなときは噛み付いたりする可能性があるので、あまり接触せずにそっとしておいてもらえると助かります。人と関わると腹が立ったり悲しくなったりするので。なんなら普段より1ミリくらい優しくしてください笑。

 

 

 

 

しかしさぁ。。。

これが毎月って結構辛いのよ。

ってことだけお願いだから分かってください!お願いします!!笑

 

さぁ、辛い日々が始まる…。